2014年07月09日

OJTで部下が面白いほど育つ本

■お勧めのビジネス書「OJTで部下が面白いほど育つ本」小山俊(著)
        ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4806125857/horaihonoyomu-22

人材育成は次の3つの大きな柱から成っている。

1)集合研修

2)OJT

3)自己啓発

この中で、もっとも効果的に業務に影響し、実践的できめ細やかな人材開発方法がOJTだ。
ただ、OJTは、日常業務の中で行われるため、具体的にOJTの方法は?と
聞かれると、答えにつまってしまうことが多い。

さらに目的、目標、評価もなく、行われやすいのもOJTだ。

せっかく、実践的で効果的なOJTなのだから、うまく利用して組織の活性化に繋げたい。

本書では、OJTの心得・考え方、実際の実践方法、チェックリスト、まで、多面的に説明
されている。
OJTを無理なく、持続的に継続し、本当に職場で根付かせる事の手助けとなってくれる。
また、効果の上がる、真のOJTについての理解も無理なくできるだろ。

【内容紹介】

・OJTは日常業務活動の中にある
・OJTの決め手は計画書にある
・コーチングで仕事を体に覚えさせる
・「聴く」には高度なスキルが必要
・ほめ言葉でその気にさせる
・失敗を部下の能力不足のせいにしない


■「OJTで部下が面白いほど育つ本」小山俊(著)
        ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4806125857/horaihonoyomu-22


楽天
http://tinyurl.com/4xto3op

posted by ホーライ at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーへおすすめの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。