2011年07月25日

傑作ビジネス小説!『下町ロケット』 池井戸 潤 (著)

今週はちょっと別の観点でのビジネス本の紹介です。

先日、直木賞をとった小説『下町ロケット』です。

あらすじをざっくりと言いますと・・・・・・

元ロケットエンジン研究者が失敗の責任を取って研究所をやめた後、佃製作所という親の町工場を継いだところから始まるビジネス小説です。



「その特許がなければロケットは飛ばない――。

大田区の町工場が取得した最先端特許をめぐる、中小企業vs大企業の熱い戦い!

かつて研究者としてロケット開発に携わっていた佃航平は、打ち上げ失敗の責任を取って研究者の道を辞し、いまは親の跡を継いで従業員200人の小さな会社、佃製作所を経営していた。



下請けいじめ、資金繰り難――。

ご多分に洩れず中小企業の悲哀を味わいつつも、日々奮闘している佃のもとに、ある日一通の訴状が届く。

相手は、容赦無い法廷戦略を駆使し、ライバル企業を叩き潰すことで知られるナカシマ工業だ。

否応なく法廷闘争に巻き込まれる佃製作所は、社会的信用を失い、会社存亡に危機に立たされる。

そんな中、佃製作所が取得した特許技術が、日本を代表する大企業、帝国重工に大きな衝撃を与えていた――。



会社は小さくても技術は負けない――。

モノ作りに情熱を燃やし続ける男たちの矜恃と卑劣な企業戦略の息詰まるガチンコ勝負。

さらに日本を代表する大企業との特許技術(知財)を巡る駆け引きの中で、
佃が見出したものは――?

夢と現実。社員と家族。

かつてロケットエンジンに夢を馳せた佃の、そして男たちの意地とプライドを賭した戦いがここにある。」


社長と社員が力を合わせて乗り切ってゆく姿が本当にリアルに描かれていて、時間がたつのを忘れさせてくれるほどぐいぐい引き込まます。


気分転換にいかがですか?




●【アマゾン】『下町ロケット』 池井戸 潤 (著)
         ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093862923/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●【楽天】『下町ロケット』 池井戸 潤 (著)
         ↓
http://tinyurl.com/3bvdhom



posted by ホーライ at 05:49| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

3日であなたを変えるお勧めのビジネス書★『秋元康の仕事学』

●『秋元康の仕事学』(NHK出版)

マーケティングは役立たない!

大ブレーク中のAKB48や、美空ひばりの名曲『川の流れのように』はどのように生み出されたのか? 

その秘訣は「リサーチをしない」「予定調和を裏切る」「企画のマイナス面を意識する」など、独創的な発想にあった! 

メガヒットメーカー・秋元康氏が明かす、目からウロコの企画法や生き方論。

勝間和代氏との対談も収載した、ビジネスパーソン必読の書!


ものづくりやマーケティングに携わる方は、そのヒットの秘訣を、ぜひ盗んでみたいと思うものですが、本書には、その期待を裏切らない、ホームラン作りのエッセンスが詰まっています。

もともとは、NHK「仕事学のすすめ」のトークセッションを2本分まとめたものですが、2本目の勝間和代さんとの対談を各章に散りばめることで、メリハリをつけています。

企画というと、つい才能の世界と思ってしまいがちですが、本書を読む限り、企画の仕事はすべての人に開かれていると確信できます。



・予定調和を壊す第一歩は、自分の人生をすばらしいと思えるかどうかだ

・魅力的な人の多くは、「初めて」をつくるのが上手

・記憶に残る「幕の内弁当」はない



人間は、不安感から、ついつい慣れたものに安住し、無難な選択をしがちなもの。

しかしながら、秋元氏の言葉を咀嚼すれば、企画というのは、常に新しいことにチャレンジしつつ、自分の居場所をつくる行為。つまり、マンネリを避け、人生を前向きに変えてくれる力なのです。

クリエイティブな生き方をしたい方、仕事でヒットを生み出したい方は、必読の一冊です。



秋元康の仕事学 ( )






【送料無料】秋元康の仕事学

【送料無料】秋元康の仕事学

【送料無料】秋元康の仕事学
価格:1,050円(税込、送料別)





▼「おすすめのビジネス書」のサイト
  ↓
http://horaibzbook.web.fc2.com/index.html


▼おもしろい本、おすすめ小説、人生を変える本、面白い小説
  ↓
http://horaibook.web.fc2.com/index.html


■おすすめのミステリー小説
  ↓
http://horaimystery.web.fc2.com/index.html


■治験関係者に役立つおすすめ本
  ↓
http://horai-med-book.seesaa.net/



posted by ホーライ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

ハーバードからの贈り物

ハーバードからの贈り物である。
しかも極上の贈り物である。


(楽天をご利用の方はこちら。アマゾンご利用の方は下に有ります。)

ハーバードからの贈り物
ハーバードからの贈り物


(アマゾンをご利用の方はこちら)

ハーバードからの贈り物Harvard business school press


ハーバード・ビジネススクール最終講義で 教授たちから贈られる珠玉のエピソード集。
ハーバード・ビジネススクールでは、各学期の最後に特別な授業がおこなわれる。カリキュラムの枠を超え、教授たちはみずからの体験に根ざした、今の自分を支えている“大切なエピソード”を披露する。手の込んだ資料を用意する教授、くしゃくしゃのメモを握りしめて話す教授、教室を歩きまわりながら語る教授……。スタイルはさまざまでも、伝えようとしていることはひとつ、リーダーのあるべき姿、である。

それぞれのエピソードが教える教訓は、職業や年齢を問わず、人間がともに働き、ともに生きる場であれば、必ず役に立つものばかりだ。いかに生きるべきかというメッセージを、輝かしい経歴の教授たちが、素のままの自分をさらけだして、熱く語りかけるハーバード・ビジネススクール恒例の〔最後の授業〕15編を収録した本書は、ビジネスの場ではもちろん、あらゆる環境でがんばる人びとに何度でも読み返してもらいたい一冊だ。

posted by ホーライ at 05:40| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

一行のメー言は、一冊の本より優る

今どきの本なのだ。

携帯メールで友人に送る名言を集めた本である。
様々な状況に応じて名言が分類されている。

ちなみに、僕のお気に入りは「乗りかけた船にはためらわず乗ってしまえ」だ。

(ツルゲーネフの言葉)


メー言
メー言



一行のメー言葉は、一冊の本より優る。(僕)


posted by ホーライ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

仕事を追え、仕事に追われるな。〜こうすれば時間が儲かる!〜

仕事を追え、仕事に追われるな。〜こうすれば時間が儲かる!〜



昨日に引続き、ビジネス本の紹介です。

結構、役立つぞ!


〈図解〉こうすれば時間が儲かる!
〈図解〉こうすれば時間が儲かる!



図解ファイリングの方法
図解ファイリングの方法



【おまけ】

図解科学捜査マニュアル




posted by ホーライ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「分かりやすい説明の技術」シリーズ

以下の三冊の本で、「分かりやすい」コミュニケーションスキルを身につけましょう。
自分と他者の時間の節約にもなります。



■□■ 楽天をご利用の人はこちら ■□■


「分かりやすい説明」の技術
「分かりやすい説明」の技術



「分かりやすい表現」の技術
「分かりやすい表現」の技術


「分かりやすい文章」の技術
「分かりやすい文章」の技術





■□■ アマゾンをご利用の方はこちら ■□■


「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール ブルーバックス


「分かりやすい表現」の技術―意図を正しく伝えるための16のルール


「分かりやすい文章」の技術


posted by ホーライ at 11:29| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

人生を浪費しないための本

人生を浪費しないための本

アメリカが出し惜しみした本!!


ザ・ゴール
ザ・ゴール



ザ・ゴール(2)
ザ・ゴール(2)



本当のゴール(目的)は、何なのか? を考えずに仕事をすると人生を浪費していることになる。

posted by ホーライ at 20:02| Comment(0) | TrackBack(2) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他人の経験と時間を1500円で買う方法

他人の経験と時間を1500円で買う方法である。



成功読書術
成功読書術


なんと!!あの!!!アマゾンで活躍していた土井英司さんの「お奨め本」特集なのだ〜〜!!

カーネギーの名著から松下幸之助、世阿弥まで。。。

さすがに浮ついた本は一冊も紹介されていない。

全部で30冊。

人生そのものである時間を食いつぶさないようにするには「悪書」を読まないことである。


他者の時間と経験を1500円で買えるなら、安いと思いませんか?



posted by ホーライ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。